WARC
MORE
View Wantedly

WARCCorporate Human Village

どんな会社にも効く、万能薬があるわけではない。 常に経営陣・社員双方に寄り添いながら、柔軟な組織創りを

執行役員 人事責任者
篠原さくら

Profile

サイバーエージェントに新卒入社、2年目より人事マネージャーとして採用や事業部人事に従事。その後、デロイトトーマツコンサルティングにて人事コンサルティング業務に従事。2018年に当社入社、人事責任者として組織創りを主導するとともに、経営管理部の立ち上げに従事。

Interview

人事として挑戦することや取り組む課題がどんどん変化していきます。

ーWARCの人事責任者として自分の役割をどのように捉えていますか?

ベンチャー企業は会社の急成長に伴って、人事として挑戦することや取り組む課題がどんどん変化していきます。ですので、常に状況に対して当意即妙に対応していく必要があります。人事の仕事で大切なことは大きく二つあると考えています。一つは、経営陣の考え方をしっかり理解し、常に彼らだったらどう考えるかを想像し、より良い組織を創っていくために行動していくこと。もう一つは、組織の小さな変化にも敏感に気づくこと。いい方向に向かっている時はもちろん、ネガティブな兆候に誰よりも真っ先に気づく必要があると思っています。

WARCの特長についてどのように見ていますか?

事業間でシナジーを生み出せる点が大きな特長だと思っています。Co-WARC事業部やM&Aアドバイザリー・サービス事業部ではプロフェッショナルファーム出身の公認会計士が多く在籍し、ハンズオンでクライアントのコンサルティング支援を行い、タレントエージェンシー事業部ではコーポレート分野に特化した人材紹介事業を展開し、HR tech事業部ではエンジニアやデザイナーをはじめとした技術者が新しい転職サービスを開発している。このフェーズにおいて、これだけ幅広い経歴と様々な経験や技術を持った人たちが、同じミッションやバリューに共感して集まっている会社はなかなかないと思います。複数の事業を跨ってクライアントのご支援をしているケースも多くあります。事業間シナジーを生み出すことで、クライアントへの提供価値が2倍にも3倍にもできると考えています。

シンプルに仕事を楽しむ、ということを大切にしています。

仕事をする上で大事にしているスタンスを教えてください。

私は社会人になって以来、何よりも仕事を「楽しむ」ということを一番大切にしています。もちろん、仕事なので辛いこともたくさんありますが、そういった時も、課題を乗り越えたあとの未来を想像したり、その仕事をする意義をポジティブに見出すような思考の癖をつけるようにしています。本当に悩んだときや正しい道を進んでいるか分からないときは、必ず上司に率直に相談しています。そういった心がけにより、総じて楽しく働くことができています。仕事が楽しくないと、プライベートにも少なからず影響があると思っているので、自分だけではなく周りのメンバーが楽しんで仕事をしているかもとても重視しています。そして、仕事を楽しむことで、結果的に周りにFANが増えていくという循環を生み出したいです。まさにWARCのVALUEの「Make FAN」の意図しているところかと思います。

今後、WARCをどんな組織にしていきたいですか?

みんなで創っていく会社だからこそ、経営陣や会社の向かう方向性を伝える機会や、ボトムアップの機会も多くあります。各事業部で隔月、半日合宿(長時間の会議)の時間を取り、みんなで新しい事業アイデアや改善案を議論しています。その他には、福利厚生としての懇親会を実施し、月に1回全社員で交流する場を設けています。経営陣や人事だけで決めるのではなく、WARCの全メンバーで一緒に組織を創っていきたいと思っています。 一人ひとりが楽しみながら、成果を出せる組織を創っていきたい。まだまだ道半ばですが、そのための努力は買ってでもしたいと思っています。

Share