WARC
MORE
View Wantedly

WARCCorporate Human Village

いいヒトが集まれば、いいモノができて、たくさんの人に使ってもらえる。そう信じて全力を賭けた、いい仲間集め

HR tech事業部長
園田 励

Profile

UXデザイナーとしてGroupon Japanの立ち上げに参画。その後イグニスにてプロデューサー/UXデザイナーとして、恋愛マッチングサービス「with」に立ち上げから黒字化まで携わる。並行して東証一部上場メーカー複数社のアクセラレーションプログラムに、サービスデザインコンサルタントとして参画。2019年に当社入社、HR tech事業部長に就任。

Interview

自ら燃えている人たちが集まることで、唯一無二のサービスを生み出したい

HR tech事業部の中で、どんな役割を担っていますか?

全体を統括しながら、オンライン転職サービスの開発責任者を務めています。僕の仕事はサービスをデザインすること。前職では婚活のマッチングサービスのアプリを開発していました。よく、就活が恋愛に例えられることがありますが、まさにその通りだと思います。もともと人が好きなので、目の前にいる人から日頃の生活では交差しないような人まで、どんな人なのかとても興味があるんです。人と人、ひいては人と会社のマッチングはとても面白い。今回のプロジェクトは対企業という点では自分にとって新しく、チャレンジングな環境です。アプリ開発は2、3人でできるようなものもありますが、現在の開発チームは20人以上と相当な規模感。とても複雑な物を創っているのですが、たくさんの人に使ってもらえるサービスになるように、日々チームで奮闘しています。

サービスをデザインする時、大切にしていることはなんでしょう?

一つのプロジェクトを立ち上げる時は、何よりビジョンが大切だと思っています。ビジョン・課題・チームがあって、はじめてプロジェクトが回りだします。HR tech事業部ではビジョンを可視化していくことが期待されています。言葉だけでしか表現できていないことをビジュアル化する作業ですね。そして、その時のチームづくりがプロジェクトの命運の決め手になります。よく「ヒト・モノ・カネ」と言われますが、この順番は言い得て妙だと思っています。いいヒトが集まれば、いいモノができて、収益が上がる。だから、HR tech事業部でも本当にいい仲間を集めました。

園田さんにとっての「いいヒト」とはどんな人のことですか?

自ら燃える人ですね。僕は基本的に、自走できる人にとって働きやすい環境を創りたいと思っています。ルールを細かく設けるようなマイクロマネジメントは絶対にしません。プロジェクトの向かう先と役割を明らかにして、そのなかで各々がどれだけ自由な発想で暴れられるかが大切です。だから、僕たちのチームに指示を与えられたいタイプの人はいません。自分から走りだせる人しか集まっていません。こうした体制さえもデザインできるのはベンチャーの面白みだと思っています。

「例えば右端と左端がわからなければ真ん中もわからない」

働きやすい環境を整えることに注力しているそうですが、実際どのような働き方をしていますか?

HR tech事業部には、ミーティングデーとリモートワークデーの二つの過ごし方があり、それぞれ週に二日ずつ。特にエンジニアやデザイン職は、頭の使い方が二通りあるためです。集中しなければできない作業の合間に30分だけミーティングを差し込むのは非効率です。ミーティングデーは話し合うことに専念するので、多くの打ち合わせを設定し、工期を決め、改めてビジョンの確認をしたり事業計画を見直したり、他事業部の人にヒアリングしたり、とにかく議論を深める日なんですよね。一方、リモートデーは、それぞれの資料作成や開発など、ひたすら集中して考える日にしています。

園田さんの思うWARCの社風と、自身の役割について教えてください。

WARCは明るい人が多いところが非常にいいと思います。ポジティブなバイブスとエネルギーに溢れていて楽しいんですよ。創業者のビジョンに共感して集まっている人たちだから、みんなにアクティブな姿勢があります。僕はそんなチームが大好きですが、自身の役目としてはネガティブな側面も指摘していきたいと思っています。組織のなかでは、逆の意見や不安要素を提示することも必要。例えば右端と左端がわからなければ真ん中もわからないように、プロジェクトを適正化するためには様々な可能性を俯瞰しておく必要があると思っています。そうすることで正面からは通れなくても、突破口を見つけることができたりする。幅広く想定しておくことで勝ちパターンを得られます。

自身の挑戦と、WARCの今後について教えてください。

僕のやりたいことは、一人一人の情報を限りなく可視化していくことです。例えば、名詞の情報だけではわからないパーソナリティを事前に知ることができれば、転職活動のミスマッチが避けられ、効率化につながります。さらにいうと、人一人の情報を限りなく可視化していくということは、一人ひとりをプロデュースできる社会になるということです。芸能人にマネージャーやプロデューサーがいて売れていくのと同じことが、個人でも起こり得る時代になってきています。誰もが主役になれる世界に対して、どうアプローチするのか。とても興味がありますね。会社としては、きっと、新しいものを創り続けると思います。今までの経験上、改善だけしていくサービスはいずれ滅ぶと思っていて……。改善や修正に加え、新機能や新企画を併せて生み出して行かなくてはいけません。もしも今、現状維持をしている会社と、新規事業にトライしている会社の収益が同じだとしたら、3年後には、まったく違う結果を出しているはずです。現場に創り続けたい人間がいるかどうかが肝です。今、WARCには新しいことをやりたい人が集まっているフェーズですが、今後は運用が得意な人も増えてくるでしょうね。だからと言って前者が要らなくなるわけではない、いろいろな人が集まりながら一緒に大きくなっていくんです。

Share